先日、DHLの営業担当の方からGo Green Plus ✈

『成約記念証書』を授与していただきました。

 

 

 

Go Green PlusとはDHLグループが掲げる2050年までのネットゼロ排出目標の

達成に向けた取り組みに関するサービスで、グローバルな物流業界をより緑豊かで

持続可能なものにするための取り組みの一環として導入されました​​​​。

 

 

 

またGoGreen Plusサービスは、持続可能な航空燃料(SAF)の使用を通じて、

顧客の出荷物に関連する炭素排出量を「インセット」(内部での排出量削減)

することを可能にします。これにより、燃料の使用から生じる炭素足跡を大幅に削減できます​​​​。

 

 

 

 

 

インセットとは、企業が自身の活動範囲内で直接炭素排出量を削減する取り組みのことです。

これは、再生可能エネルギーの利用拡大、エネルギー効率の向上、

サプライチェーンの最適化など、具体的な方法で実現されます。インセットの主な目的は、

環境への負荷を内部から改善し、地球温暖化対策に積極的に貢献することにあります。

 

 

 

また持続可能な航空燃料(SAF)は、従来の化石燃料に代わるもので、

植物由来のバイオマスや再利用可能な廃棄物から作られます。

これにより、燃焼時の二酸化炭素排出量を大幅に削減することができるんですね!

 

 

 

二酸化炭素が増え続けると、地球温暖化が進行することは言わずと知れた事実ですね。

ワールドシフトでは持続可能性・再現性を意識した事業を行っています。

今回の様な環境問題へのアプローチもその一環ですし、

顧客に向けたサービスに関しても、私たちが作り上げたモデルを

顧客が容易に再現できること、そして持続可能であること、

これらを大きなテーマとしてビジネスを行っております。

 

 

 

Amazon輸出セミナー情報