このブログは音声でも聞けます。

「SECURITY ACTION」ってなんでしょう?

聞いたことがないって方も多いのでは??

 

「SECURITY ACTION」とは、中小企業自らが情報セキュリティ対策に取組むことを

自己宣言する制度で、安全・安心なIT社会を実現するため、

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)により創設されました。

 

わかりやすく説明すると以下のような取り組みとなります。

 

 

具体的には、当社で行っているセキュリティ対策のひとつにUTMの導入があります。
当社で扱っているUTMは外部からの脅威、内部からの脅威、
両方からのウィルスから守ってくれます。

 

外部からの不正アクセス、ウィルス侵入、ネットワーク攻撃、社内で閲覧している画像、
ダウンロードするファイルにウィルスが混入していないか検知駆除してくれます。

 

ちょっと前までは、ファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアである程度の被害は防げていました。
ですが、ソフトウェアやOSの脆弱性を狙った攻撃が相次ぎ、マルウェアなどが数多く登場しています。
複雑化・悪質化が止まないネットワーク脅威に対抗するセキュリティレベルの環境をUTMは構築します。

 

セキュリティアクションを従業員と共に実践することで、結果「自社がどこまでできているのか?」
「できていないところはどこなのか?」を再確認することにより、従業員は普段の業務活動の中で、
セキュリティに対しての意識向上に繋がります。

 

ITに関する脅威や攻撃の手口は、日々進化しています。
会社としても、大切な個人情報、会社の信用を失わないために、
私達は情報セキュリティの知識を日々アップデートしていかないといけないと思います。